Still』 is a historical reference to the subjects past

lll』 is in-between time, in which thought becomes action

Live』 is the ignition of the artist performing in the present moment

Stilllive is a platform, which is the subject of body to represent a human presence in the performance. “Body” is the subject matter already in the performance and human condition is always necessary to be concerned. When technology develops and digital art is becoming a mainstream, the word “Analog” itself becomes exclusive. However, by organizing this platform, we would like to propose the new idea of analogical representation through the creation of performance art, what is the influence human body gives to the audiences, discussing the meaning of coexistence of the development of performance art with organic materials and a cyber-orientated future. In order to validate the Stilllive platform, or community, by ourselves, we attempt to make present the body as an individual, highlighted by the collaborative nature of the sessions and the contingency of the raw body.

*Stilllive is coined word combining with “Still” and “Live”, Stillllive Collective was originally founded by alumni (Yuki Kobayashi, Sandra Stanionyte, Hollie Miller, Saskia Vranken) of Royal College of Art, Performance course for DADA 100th anniversary festival, Tokyo in 2016 and the collective has been already dissolved​​​​. In 2019, Kobayashi founded Stilllive as a performance art platform.

-

Stilllive / スティルライブ」とは、身体を主題とした人間の存在意義へ問いかけるパフォーマ ンスを表象するプラットフォームである。パフォーマンスにおいて、「身体」そのものがすでに 作品として主題化され、それに伴い人間の状態が常に密接に関係してくる。このパフォーマンス アートを主体としたプラットフォームを共集の場として開くことで、アナログ性の持つ新しい表 現の可能性や、人間の身体が如何にして観客に直接的な影響を及ぼすのか、そして有機的なマテ リアルを用いたパフォーマンスアートの進化とサイバー環境に適応する未来の共存を考察してい くことを提案する。Stillliveというプラットフォーム、あるいは共同体を我々自身によって検証す るために、セッションによる協働性と、生の身体が放つ偶発性が際立たせる個人としての身体の 現前を試みる。

 

※ スティルライブとは「Still」と「Live」を組み合わせた造語であり、2016年に「ダダ100周年 フェスティバル + SPIRAL : GALLERY VOLTAIRE」(スパイラル, 2016)でのパフォーマンスのため に小林勇輝とロイヤルカレッジオブアート (英国王立芸術大学) パフォーマンス科卒業生によって 設立され、2019年にプラットフォームとしてゲーテ・インスティトゥート東京にて新たに発表さ れて以降、現在まで毎年開催されている。

-

Contact: stillliveplatform@gmail.com