top of page

Stilllive 2024 : Kinetic Net

Stilllive 2024では、動き、光、サウンドによって構築されるパフォーマンスの時空間「Kinetic Net」をコンセプトに、複数のアーティストの身体が体現する運動の流れをインスタレーションおよびパフォーマンスとして提示する。「Kinetic Net」は、光の網によって作り出されるアクションやムーブメントをイメージしたもので、前半では身体の動き、光、サウンドで構築されるインスタレーション、後半では魚群探知機を使って都市に流れる生のダイナミズムに呼応するパフォーマンスが行われる。Stillliveがこのような表現を通して投げかけるのは、生命をめぐるヒエラルキーへの問いである。人類は、動物だけでなく、同じ人間を捕獲する行為(戦争捕虜、人身売買、監獄など)を続けてきた歴史を持っており、現代社会の産物である新自由主義や監視システムは、かえって人間自らの行動を管理・制御する。今回Stillliveは、そういった(非)可視的な身体の束縛/解放、支配/自由の条件に問いかけながら、生に限りなく近い身体表現の意義を模索する。乾真裕子、遠藤麻衣、小林勇輝、小宮りさ麻吏奈、佐野桃和子、花形槙、三好彼流、MES、吉田拓といった現代美術およびパフォーミング・アーツの一線で活躍するアーティストを招き、対話やワークショップをベースとした共同制作を行う。パフォーマンスと共に空間構成を担当するMESは、レーザーの光とサウンドで遊戯と瞑想が共存する生きたインスタレーションを構築する。それぞれのアーティストは、まるで光の網を出入りする小さな魚群のように空間を自在に遊泳しながら、徐々に集結し、そして離散する。そういった捕らえる/捕らえられる両儀的な遊戯によって、不確かでありながらも常に鮮やかな生の感覚を催す身体のダイナミズムを提示する。

Stilllive 2024 will present the flow of movement embodied by the bodies of multiple artists as an installation and performance based on the concept of "Kinetic Net," a performance space constructed with movement, light, and sound. Kinetic Net is an image of actions and movements created by a web of light. The first half of the exhibition will be an installation constructed with body movements, light, and sound, while the second half will be a performance using a fish finder to respond to the raw dynamism flowing in the city. What Stilllive poses through these expressions is a questioning of the hierarchy of life. Humans have a history of capturing not only animals but also humans (prisoners of war, human trafficking, prisons, etc.), and the neoliberalism and surveillance systems that are products of modern society instead manage and control our own behavior. In this performance, Stilllive seeks to explore the meaning of physical expression as close to life as possible, while questioning the conditions of bondage/liberation and control/freedom of such (non-)visible bodies. The performance invites artists active in the field of contemporary art and performing arts, such as Mayuko Inui, Mai Endo, Yuki Kobayashi, Marina Lisa Komiya, Towako Sano, Shin Hanagata, Karu Miyoshi, MES, and Taku Yoshida, to collaborate in a dialogue and workshop-based production. MES, who will be in charge of spatial composition as well as performance, will use laser light and sound to create a living installation where play and meditation coexist. Each artist is like a gathering of small fish swimming in and out of a net of light, swimming freely through the space, gradually coming together and then separating. Through this ambivalent play of capture/being captured, the performance presents a dynamism of the body that is uncertain, yet always vividly alive.

2024.3.8 (Fri) / 9 (Sat) 18:00-20:00

クリエイティブセンター大阪(CCO) Google Map

*電車でお越しの場合:Osaka Metro 四つ橋線 北加賀屋駅 4番出口 徒歩10分

Peatix 予約はこちらhttps://stilllive2024.peatix.com

アーティスト

乾真裕子、遠藤麻衣、小林勇輝、小宮りさ麻吏奈、佐野桃和子、花形槙、三好彼流、MES、吉田拓 
 

キュレーション

権祥海

 

料金

一般:3,500円/U25:2,500円

Peatix予約:https://stilllive2024.peatix.com

補足事項

記録撮影について

・記録・広報用に写真および映像の撮影を予定しています。
・撮影への写り込みがNGの場合は、受付にてお知らせください。

デザイン:王嘉蘭

主催:Stilllive

助成:一般財団法人おおさか創造千島財団、大阪市助成

スクリーンショット 2024-02-05 9.52.01.png
sisyou.jpg
Stilllive Logo-Black No Copy.jpg

Contact

Stilllive PERFORMANCE PLATFORM
E-mail: stillliveplatform@gmail.com
https://www.stilllive.org

i.png
f.png
bottom of page